画脂鏤氷とは

「画脂」は、脂肪のかたまりに絵を描くこと。
「鏤氷」は、氷に彫刻をすること。
どちらも暖かくなると溶けて跡形もなく消えてしまうことから、努力しても無駄なことの喩え。
または苦労したわりには効果がないことの喩え。

「脂に画き氷にちりばむ」と訓読する。

類義語:「凋氷画脂ちょうひょうがし」「凋冰画脂」

四字熟語画脂鏤氷
読みがしろうひょう、かくしろうひょう
出典『塩鉄論』殊路
使用漢字