毫毛斧柯とは

災いは大きくならないうちに取り除くべきだという教訓。

はじめは毛のように細い木でも、早いうちに取り除かなければ、いずれは斧を使わなければならなくなる、という意味。

四字熟語毫毛斧柯
読みごうもうふか
出典『戦国策』魏策和寤解
使用漢字