合従連衡とは

そのときの利害に応じて、結びついたり離れたりする政策。
「従」は「縦(南北)」で「合従」は「南北の同盟」、「衡」は「横(東西)」で「連衡」は「東西の連合」を意味する。

中国戦国時代、最も強大なしんと他の小国の間で行われた二つの外交政策が由来。

「合従」は蘇秦そしんが唱えた攻守同盟で、南北に連なる六国「かんちょうえんせい」が連合して秦に対抗するというもの。
「連衡」は張儀ちょうぎが唱えたもので、六国と秦がそれぞれ個別に同盟を結ぶ政策。

四字熟語合従連衡
読みがっしょうれんこう
出典『史記』孟子伝
英訳Changing political or military alignment according to changing circumstances
類義語
使用漢字