南柯之夢とは

世の中の栄枯盛衰が儚いことの喩え。儚い夢。

古代中国の唐の時代。淳于棼じゅんうふんという名の酒好き男性が、酔ってえんじゅの木の下でうたた寝をした。
そこに槐安かいあんという国の使者という二人の男が現れ、淳于棼は槐安国の国王のもとに連れて行かれた。そこで国王に気に入られ、国王の娘と結婚して南柯群の太守となり、繁栄と衰退を経験しながら二十年の歳月を過ごしたが、それらはすべて夢だった。

四字熟語南柯之夢
読みなんかのゆめ
出典『南柯太守伝』
類義語
使用漢字