雅俗折衷とは

上品で風雅なものと下品で低俗なものを取捨して使うこと。
また、明治初期に用いられた小説の文体の一つで、文語体と口語体を混合した文章のこと。

四字熟語雅俗折衷
読みがぞくせっちゅう
使用漢字