閉戸先生とは

年中、門を閉じて家にこもり、読書や学問に没頭している人。

三国時代、楚の孫敬そんけいが家の門や扉をすべて閉め切って、学問や読書に没頭したという故事が由来。

四字熟語閉戸先生
読みへいこせんせい
出典『楚国先賢伝』
使用漢字