遊刃余地とは

余裕をもって物事をに取り組むことの喩え。

「遊刃、余地有り」と読み下す。

古代中国。りょう王朝の伝説の料理人「庖丁ほうてい」が牛の解体について語った言葉が由来。
このエピソードは「庖丁解牛」と呼ばれる。

なお「庖丁ほうてい」の名はその後「包丁ほうちょう」の語源となった。

四字熟語遊刃余地
読みゆうじんよち
出典『荘子』養生主
使用漢字