蓴羹鱸膾とは

故郷を懐かしく思う気持ちのこと。

「蓴羹」は蓴菜じゅんさいの吸い物。
「鱸膾」はすずきなます

古代中国。晋の張翰ちょうかんが、故郷の料理である蓴菜の吸い物と鱸の膾の美味しさを思い出し、官職を辞して帰郷したという故事が由来。

四字熟語蓴羹鱸膾
読みじゅんこうろかい
出典『晋書』張翰伝
類義語
使用漢字