老驥伏櫪とは

三国志の曹操の詩『歩出夏門行ほしゅつかもんこう』に登場する四字熟語で、「老驥伏櫪、志在千里」と次の句と一緒に詠まれる。

老驥ろうきれきすも、志は千里に在り」と読み下す。

年老いた名馬は飼桶に繋がれても、なお千里を走る志を抱いているという意味。

四字熟語老驥伏櫪
読みろうきふくれき
出典『古詩源』
使用漢字