烟霞痼疾とは

自然を愛する気持ちが非常に強いことを、長く治らない持病に喩えた言葉。
また、隠居して自然と親しみながら生活することを意味する。

別表記:「煙霞痼疾」

読みえんかこしつ、えんかのこしつ
出典『新唐書』
類義語
使用漢字