微妙玄通とは

底知れない知識を持ち、物事に精通していること。

「微妙」は精妙なこと、緻密なこと。また、深遠で奥深く知りがたいこと。
「玄通」は奥深く通じていること。

四字熟語微妙玄通
読みびみょうげんつう
出典『老子』一五章
類義語
使用漢字