得隴望蜀とは

一つの望みを叶えると、さらにまた別の望みを抱くことを表わす。
欲望には限りがなく満足することがないことの喩え。

後漢王朝の初代皇帝「光武帝こうぶてい」は望みを叶えてろうの国(甘粛省)を平定し手に入れたが、次にしょくの国(四川省)を望んだという故事が由来。

ろうしょくのぞむ」と訓読する。

別表記:「望蜀之嘆ぼうしょくのたん

四字熟語得隴望蜀
読みとくろうぼうしょく
出典『後漢書』岑彭伝
使用漢字