射石飲羽とは

集中して全力で物事に取り組めば、どんな困難なことでも成し遂げることができるという教訓。

の国の「熊渠子ゆうきょし」が暗闇の中に潜む虎を狙い、必死の思いで弓矢を放った。
うまく命中したので近寄って確認してみると、虎ではなく大きな石で、その矢は羽の部分までも深く突き刺さっていたという故事が由来。

四字熟語射石飲羽
読みしゃせきいんう
出典『韓詩外伝』
類義語
使用漢字