寤寐思服とは

寝ても覚めても忘れないこと。
切実に人を想うこと。

「寤寐に思服す」と訓読する。

四字熟語寤寐思服
読みごびしふく
出典『詩経』周南・關雎
使用漢字