変法自強とは

法律や制度を変えて、国力を強くすることを意味する。

1898年に中国で起こった政治改革運動。
日清戦争の敗北を受け、康有為こうゆうい梁啓超りょうけいちょうらが中心になり、日本の明治維新を模範にして清朝を強国にするという目的で、議会政治を基礎とする立憲君主制の樹立を目指した。
しかし、改革が実現されてしまうと既得権益が失われてしまう西太后ら保守派の弾圧によって失敗した。

例文

変法自強策を進めていくことになった。

四字熟語変法自強
読みへんぽうじきょう
使用漢字