四神相応とは

地理的景観が四神の存在に相応する優れた場所。地上で最良の地勢。
東に流水(青竜)、西に大道(白虎)、南に窪地(朱雀)、北に丘陵(玄武)が備わる土地。

日本でも、古くは平城京や平安京などの都をつくるとき、近年では筑波研究学園都市の開発など、多くの都市開発や建築物に四神相応の思想が取り入れられている。

四字熟語四神相応
読みしじんそうおう
使用漢字