含哺鼓腹とは

食べ物を口に含んで頬張り、満腹になって腹鼓を打つこと。

善い政治が行われ、人々が豊かで、平和な世の中を満喫していることの喩え。

を含み腹をす」と訓読する。

四字熟語含哺鼓腹
読みがんぽこふく
出典『荘子』馬蹄篇
類義語
使用漢字