勧百諷一とは

利益になることが少なく、損害のほうが多いこと。特に悪影響を与える事が多い言葉や文章のこと。

本来は、百の贅沢を勧めて、一の節約をするということを遠回しに諫めた言葉。

「百を勧めて一を諷す」と訓読する。

四字熟語勧百諷一
読みかんぴゃくふういつ
出典『漢書』司馬相如伝賛
使用漢字