八面六臂とは

八つの顔と六つの臂という意味。転じて、一人で何人分もの働きをすること。多方面で目覚ましい活躍をすること。

元々は阿修羅など三つの顔と六本の腕をもつ三面六臂の仏像のイメージから、多方面で力を発揮する喩えとして言ったもので、八面六臂の仏像は存在しない。
本来の「三面六臂」から「八面六臂」に転じたのは、「八面」があらゆる方向を表すことが原因とされている。

三面六臂。

四字熟語八面六臂
読みはちめんろっぴ
使用漢字